クレジットカードとデビットカード!ネットショップでの決済と比較

クレジットカードの決済

ネットショップでの決済には、クレジットカード決済を用いる所が多いです。購入者にとっても、決済手数料が無料で、購入画面からクレジットカードの番号や氏名、有効期限等を入力するだけで支払いが済むため、手間が省けます。また、カード会社と提携している店舗の場合、直営のポイントサイトを経由するだけで、カードのポイントが多く付けられるため、現金に還元できたり、好みのアイテムと交換できたりするメリットもあります。ネットショップ側でもクレジットカード会社に決済手続きを代行してもらえますし、利用者がカード会社に申し込む時に、審査を経て加入しているため、一定の信用度もあり、直接顔を合わせなくても安心して取引ができます。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードの決済の方法は、ほぼ同じです。デビットカードもクレジットカードと同じようにカード番号等の情報を入力して決済ができます。両者の違いは仕組みと信用度です。クレジットカードは申込者の審査により、限度額が決められます。一時的にカード会社が利用者の購入分を立替払いして、期日に支払うことになります。デビットカードは、銀行の預金口座と連動しているカードで、普通預金のキャッシュカードにクレジットカードの国際ブランドが付き、そのシステムを利用してカード払いの機能が付けられます。利用限度額は預金の残高までとなり、購入時に即時に口座から引き落としが行われることがほとんどです。当座貸越の機能が付けられない限りは、加入時の審査が行われないことが多いので、信用度が低い傾向にあります。クレジットカードは一括払いの他に、分割やリボルビング払い等の後払いが認められますが、デビットカードは一括払いのみという所から信用度の違いが明確になっています。

どちらのカード決済が向いているか

クレジットカードもデビットカードもどちらにも長所があります。両者ともセキュリティコードやネットショッピング専用のパスワードを設定することも可能ですので、情報漏れのリスクも防げます。一括払いのみで、預金口座と連動している所から、お金の管理がしやすくなります。特に、使いすぎを防いで計画的に使いたいという方であればデビットカードが向いています。また、債務整理等の事情でクレジットカードを作成できない方も、原則として利用が可能となります。クレジットカードの利用に向くのは、その時に応じて支払い方を変えたい方や、カードのポイントを貯めてお得に使いたい方です。また、デビットカードでは、国際ブランドの加盟店のうち、ごく一部のネットショップの決済や月々のサービスの利用料の決済に対応していない場合があります。クレジットカードでは加盟店であれば、原則としてどの店でも対応できますので、安心して利用できます。両者とも良い所がありますので、少額なものはデビットカード決済、多額のものはクレジットカード決済というように、使い分けをしてもいいでしょう。

決済代行は一括で決済方法を増やせるので、手続きの手間もなくて通販などを便利にしたい場合には最適です。