いざというときの味方!弁護士が必要となるシーン三選

交通事故に遭ったとき

交通事故に遭ったときには、警察はもちろん、保険会社の担当者にも連絡をしなければなりません。他にも、弁護士にも連絡はしておくのがベストではないでしょうか。相手が厄介な人だった場合には、交渉もすべて弁護士に任せるのが妥当です。自分が加害者になったときにも被害者になったときにも、どちらにしても弁護士はつけておくのが理想です。被害者の場合には、弁護士をつけているかどうかで、慰謝料の額が変わってくることがあります。

痴漢の疑いを掛けられたとき

普通に通勤通学をしているだけでも、痴漢の疑いを掛けられてしまうことはあるでしょう。そういったときにも、弁護士に連絡をするのが妥当です。自分一人で交渉をしようとするのは良くありません。素人が抗弁をしても、効果がないパターンがほとんどです。痴漢冤罪は、無実の証明をすることも難しいですから、大人しく弁護士の先生に対応を一任しておくのがいいわけですね。そのほうが、ダメージを最小限度に食い止める結果に繋がるはずです。

節税対策をしたいとき

弁護士資格があるということは、税理士としての活動もできるということです。ですから、節税対策をするときにも弁護士の先生は味方になってくれることでしょう。相続税対策の方法をアドバイスしてもらうのもいいですし、会社経営についてのアドバイスをもらうこともできます。効率的な経営についても割といいアドバイスをくれるので、経営者の人は誰かしら有能な弁護士さんと繋がっているケースが多いです。顧問弁護士になってもらえれば、経済的にもメリットが生まれる可能性が高いです。

弁護士保険に加入することで、弁護士に依頼した際に生じうる高額負担を大きく削減出来ます。たとえば弁護士相談料1時間5千円を、保険加入者であれば無料にすることが可能です。