資産運用に際しては、この3本柱で行えば失敗は少ない

何事も調査分析から始まる

まずは情報収集から始めないと、どうにもなりません。知りたいことや知らねばならないことを調査し、判断材料となる情報を徹底的に収集します。次には、集めた情報を分析します。分析とは分けることであり、まず有用情報と無用情報とを分けることを行い、次に有用情報から重要な意味を取り出すことを行います。多くの情報から同様の意味を取り出すことができれば、それは、偶然事象ではなく、必然の法則や当面の傾向であると判断できます。

絶好の機会を待たねばならない

物事に着手するには、絶好の機会を待たねばならないのが普通です。最悪の時期に着手するのは、避けるべきです。「善は急げ」と申しますが、逆風が吹き荒れる時期での着手は、無謀なものとなります。絶好の機会を待っている間は、自分の実力養成に時間を活用します。実力不足の状態で着手することは無謀ですから、必要な知識を学んだり、実務に関する訓練を行うなど、実力を付けることに時間を割きます。また、機会を待つ間に、資金の調達や蓄積にも心掛けることになるでしょう。

危険を分散することを重視する

絶好の機会が到来し、実力も充実すれば、いよいよ資産運用の本格着手となります。この時、危険分散を最重要視する必要があります。運用先を複数に分散して、安全性の高いものからハイリスク・ハイリターンのものまで、自分にとって最適の分散の仕方を考えます。専門家のアドバイスを受けることも、有益なことです。この時、数値計算を綿密に行うことも大事です。危険分散を考える際に、運用先の組み合わせによって、どのような運用結果になりそうか、シミュレーションによって数値計算します。最良の結果と最悪の結果と平均的な結果との3種類を予想計算するようにします。

金の先物とは、金の価格変動を予測して行う先物取引のことです。てこの原理を利用した、レバレッジ取引になります。