資産運用は意外と簡単!投資信託から始めよう

金融商品とはどんなものか

資産運用というと、難しいから、あるいはリスクが大きいからと、敬遠する人がいます。けれども資産運用を行うための、金融商品の仕組みは、決して難しいものではないのです。たとえば私達が銀行にお金を預けると、銀行はその資金を運用して利益を得るので、私達に利子を払います。そして株式や債券といった金融商品は、投資家が運用資金を出すかわりに、運用利益の分け前をもらいます。投資も、預貯金と仕組みは同じなのです。ただし株式や債券は、本質的に預貯金よりも格段にリスクとリターンが大きく、預金保険、貯金保険のような保証がありません。

資金が少ない人でも安心な投資信託

資産運用は、近い将来使う予定のない、余剰資金で行うのが基本です。人それぞれの考え方によりますが、投資する金額は総資産の1/3までに留めるのが普通です。そうなると資金の少ない投資家は、分散投資ができなくなります。分散投資というのは、リスクを避けるために複数の投資先に投資するという、投資の基本ともいえる方法です。投資信託は、大勢から集めた資金をまとめて運用するので、少ない資金でもたくさんの金融商品に投資することができます。個人で投資する場合は、まずは投資信託から検討してみましょう。

自分に合った商品を厳選して

投資信託には、多くの種類の商品があります。それぞれの性質を見極める為に、基本的な事を知っておきましょう。大きな利益が望めるものは、損益が出る可能性も大きい商品です。そして大きなリスクがない商品は、安定しているものの、利益はささやかです。投資信託は、決済日に分配金が支払われます。その分配金を再投資しながら運用するのが一般的ですが、毎月分配型の商品では、分配金を毎月受け取ることができます。これは資産を増やすという観点からは、効率が悪いのですが、全く良くない方法ともいえません。個人の趣味で運用するのなら、毎月お小遣い感覚で分配金をもらうのも、悪くはありません。

ガソリンの先物は人々の生活に必ず必要な社会的インフラでありながら現在の価格と将来の価格は世界の変動に合わせて変動していくので投資先に検討する価値があります。