他の試験にはない特徴も!?税理士試験のポイントを整理しよう

科目合格制を採用しているのが非常に珍しい

税理士試験は、科目合格制を採用している数少ない国家試験になっています。科目合格制というのは、一科目ずつ合格をしていけば、いつかは最終合格ができるというタイプの試験を言います。一度合格をした科目については、二度と再受験をする必要がなくなります。一度にすべての科目に合格をする必要がなく、何年かけてでも少しずつ合格を積み重ねて行けば税理士になることはできるという仕組みです。こうした制度は、社会人にとっても嬉しいものとなりますよね。

合格率は非常に低く最難関国家試験の一つ

税理士試験は、もちろん最難関の国家試験であることに疑いの余地はありません。一科目ずつ合格をして行けばいいと言っても、一科目合格をするだけでも大変なことです。深い法律の知識が必要になりますし、長い人なら十年ほどかけてもまだ最終合格ができないケースもあります。司法試験や司法書士試験と並んで、国家試験の中でも難しい部類に入ります。ただ、合格をすれば苦労は報われます。独立して年収一千万円も狙えますし、挑戦をする価値は高いです。

試験を回避して税理士になる道もある

他の国家試験には見られない特殊な制度が用意されているのも、税理士の魅力でしょう。国家試験を受験しなくても、一定の条件を満たせば税理士として働き始めることができると明確に定められています。たとえば、司法試験に合格をして弁護士資格を得れば、税理士としての活動も許されるようになります。他にも、税務署に長期間勤務した場合には、研修を受けるだけで税理士になることができるケースもあります。その他、公認会計士も税理士として活動をすることは許されています。

葛飾区の税理士に依頼をする際には、これまでの経歴やサポートの事例に目を向けることで、後悔なくサービスを利用できます。