携帯料金の現金化!その方法を3社別に説明します

ドコモで現金化する方法

ドコモの携帯電話を利用している方であれば、スマホやガラケー、タブレットなど種類を問わず現金化できます。その方法は「ドコモケータイ払い」や「SPモード決済」と「ドコモiD決済」でドコモが指定した商品を購入します。購入した商品をドコモにメールで転送をすれば、ご自身の指定口座に10分ほどで振り込まれて、翌月の電話料金と合算の請求となるのです。注意して欲しいのは、複数のスマホやタブレットなどをお持ちの方は利用限度額があり、3台持っていれば15万円までが限度額なので覚えておきましょう。

auで現金化する方法

auの携帯電話を利用している場合は、auの決済を利用してKDDIのサイトで指定された商品を購入します。購入した商品をメールでauに転送すれば、10分以内にご自身の口座に振り込まれます。auウォレットから換金や現金化も可能です。これらのサービスは、auの携帯電話を利用している方であれば、誰でも可能ですが利用限度額が平均10万円までと決まっています。ただし審査などはないので、気軽に利用できるサービスと言えるでしょう。

ソフトバンクで現金化する方法

ソフトバンクの携帯電話を利用している方は「ソフトバンクまとめて支払い」や「SOFTBANKカード」でソフトバンクから指定された商品を購入します。購入した商品画像をソフトバンクにメールで転送すれば、ご自身の指定口座に10分以内に振り込まれます。注意して欲しいのは、ソフトバンクのガラケーで現金化する場合は、パソコンやタブレッド、スマホなどで操作する必要があるので気を付けてください。そして複数台を持っている方は、それぞれの携帯に利用限度額が設定されていて、3台まで持っていれば平均30万円までが限度額になっているのです。

現金化というとクレジットカードで行うのが、一般的でしたが、最近では携帯決済の現金化という手法も登場し、新たな選択肢となっています。