ファイナンシャルプランナーの資格を取得するための【3種類の効率的勉強プラン】

ファイナンシャルプランナーの基礎と問題を繰り返す

ファイナンシャルプランナーの基礎や計算式は非常に多いです。1つ1つ覚えるのにどうしても時間がかかるので、時間をかける必要があります。まずは用意した(購入した)教材を何周もすると良いです。流れとして、基礎を見る読む書くで確認し、すぐ後に問題を解きます。これを繰り返すことで、何度も触れることができ、自然に頭に入れることができます。同時に問題を解く力もつくのでオススメです。注意として、一度で覚えようとはせず、間違いを減らしていく要領で進めることが必要です。

イメージ図付きでノート1冊にまとめる

基礎確認と問題読解を繰り返す間に、ノート1冊にまとめると良いです。まとめることで、ファイナンシャルプランナーの基礎を整理整頓しながら頭に入れることができます。イメージ図を混ぜることで、頭により定着するのでオススメです。ファイナンシャルプランナーの問題には計算問題があり、それが事例を織り交ぜて出題してきます。その対策として、イメージを頭に入れておくことが大切になるので、まとめる際は頭に残るように書きまとめましょう。

資格試験の3週間前から過去問に取りかかろう

資格試験対策として、過去問をできるだけたくさん解くと良いです。過去問はインターネットを利用することで用意することができるので、活用しましょう。過去問に触れることで、どういう問題があり、どういう計算問題が出題されるのかを確認することができます。また、まだ覚え切れていない知識を確認することもできるので、試験の3週間前には取りかかることをオススメします。場合によっては、教材には書かれていないような問題も出題される可能性があるのでチェックしておきましょう。

ファイナンシャルプランナーの講座は受ける価値のある講座です。試験前でも受ける事によって専門的な勉強が出来ます。